Likebook Muses購入

 少し前に心騒ぐガジェットが二つある話を書いた。iPod TouchとLikebook Mimasだ。iPod TouchについてはiPhone7があるので、必要性は低いのだが、Likebookについては、どうしても、Webでじっくり読みたいところを電子ペーパーで読みたいという必要性があるし、原稿所有のガジェットでは代用がきかない。実はKindle Paperwhiteでも体験版のwebブラウザーはあるのだが、遅いし、落ちることが多く、実用的ではなかったのだ。
 そこで、数日、毎晩寝る前にサイトで情報を集め、あれこれと考えていくうちにMimasは重いということがわかった。家庭内での閲覧が主な使用とはいえ、やはり重いのはつらい。また5万円超えは懐にもつらい。そんなときに、小さいサイズのMarsがかなり優秀なことがわかり、画面サイズは7.9インチとMimasの10.3インチよりは小さいものの、iPad miniと同じ大きさだし、片手持ちにはちょうどいい。
 気持ちがMarsに傾きかけていたのだが、ペンでの入力機能がない。それがあるのがMusesだった。価格差は7000円ほど。その差をどうとらえるかだ。もしかして、Marsが気に入って、これならペンが使える方がよかったと後悔するのもいやだし、7000円をケチって、また買い直しというのもよくないので、最初からMusesの購入となった。
 Musesはアンドロイドのガジェットだが、癖がある。ガジェット好きには問題なくおすすめできるが、素人さんには勧められない。kindleのアプリをインストールできるし、PDFの閲覧も出来るので、web閲覧とあわせるとかなりのポテンシャルなのだが、webで情報を集めて設定の仕方を事前に知る必要もある。その点、安心安全を優先するなら、機能が限定的でもソニーのデジタルペーパーがおすすめだ。
 さて、実際にMusesを使い始めると快適だ。Kindleで専門書を読むと、紙での書籍のような大きさを感じてKindleで読むのとはちょっと雰囲気が変わる。またPDFはwifiを利用してデータ転送をするのだが、使ってしまえば、問題はないし、快適だ。
 アンドロイドタブレットとして、使えばBluetoothキーボードの接続も出来るので、試しに、接続して、MS-Wordまでインストールして、使ってみた(笑)。さすがにWordは重荷だった。日本語入力でも別途Google 日本語をインストールしなければならず、快適に使うにはエディターアプリをインストールしなければならなかった。この試用で改めて痛感したのは、ポメラD30の快適さだ。DM200に比べればATOKの変換効率が落ちるとは言え、そこそこに電子ペーバーの画面で文字入力ができるのはポメラだけだ。目の負担が少ない電子ペーパーで文書を作成するなら、やはりポメラDM30がいい。思わぬ副産物としての発見だった。
 さて、Likebook Musesだが、35000円ほど。液晶画面でも目に負担を感じなければ手を出す必要はないが、私のように、紙の書籍さえ自炊でPDFに変換して、画面を見る時間が長いものには、福音となるガジェットと言える。きびきびとした動きはないものの、目への負担を考える人には、一考の価値のあるガジェットだ。

 

それにしても、これで、手元にあるE-inkのガジェットは6台だ(笑)。どんだけE-ink好きなんだか(笑)。

f:id:msasaki1963:20190605180011j:image