誰に聞くのか?

 このブログの読者の皆さんに質問です。

 

「どんなふうにすれば、日本語が身につきますか?」

 

 日本語を勉強している外国人からこんな質問をされたら、どんな回答ができるだろうか。「とにかく会話だよ」「とにかく本を読みなさい」「NHKを見ればいい」「ドラマを見なさい」「恋人を作っちゃいなさい」と、まあこんな感じだろうか。そもそも私も含めて、皆さんは日本語を意識的に身につけてきただろうか?いや、生まれてから日本語の環境で育ってきて、物心つく前に日本語で意思疎通ができるようになっていた。だから、改まってそんなふうに聞かれても困ってしまうのではないだろうか。

 実は、英語を勉強する日本人の多くが、こんな困った質問を英語ネイティブにしているのだ。彼らは意識的に英語を学んだわけでなく、たまたま英語で育っただけだ。だから、それをどんなふうにしたら身につくかなんて聞かれても実は困るのである。残念ながら、英語ネイティブというだけで英会話の講師をしてそれを生業にしている人はこんな感じで回答しているはずだ。英語教育の専門課程を経ていたりとか、日本を一生懸命勉強した外国人は、自分の勉強方法を伝えることでうまく指導できる人もいる。

 だが、一番いいのは、英語が上手な日本人にこそ英語の上達法を聞くべきだ。日本人として苦手なところも、あるいは得意なところもわかっている上で、指導してくれれば、それが一番いい勉強方法と言えるだろう。「ネイティブだから」と煽るような英語教育ビジネスの広告があまりにも多い。盲目的ネイティブ信仰をそろそろやめたほうがいいように思えてならない今日この頃である。