明日まで

 先日投稿したクレジットカードの詐欺の件で、会社から電話連絡が入ることになった。そこで、いつ電話をくれるのかと尋ねたら「明日までには」という回答。午後の電話だから、きっと、この日終わりまでには電話があるんだろうと、肌身離さず電話を持っていた。夕方になり本来は風呂に入る時間だが、「いつ電話があるかわからない」とギリギリまで待っていたが電話は鳴らない。急いで風呂をすまし、食卓でも電話をテーブルに置いて、即座に対応できるようにしていたのだが、それでも鳴らない。家族に「明日までには」って言ったから、と話したところ、妻から「それって、明日も含んで、明日の終わりまでって意味じゃないの?今日中って言わなかったんでしょう?」との反応。驚いた。「明日まで」には明日が含まれるのか?娘は「「明日までには」なら今日中でしょう?」と別回答。会社が、「明日中には」というのなら、確かに明日が入るのだが、「明日まで」と言われると、今日中と同じと解釈してしまう。それとも「明日まで」は「明日中」と同じ意味になりつつあるのだろうか。まさに解釈の幅で揺れて、振り回された昨日であった。

風よ、永遠に!

 今日のネットニュースで、大久保一久氏の逝去を知った。大久保氏は伊勢正三氏と一緒に「風」というデュオを結成して活動していたのだが、この「風」こそ私の一番好きなグループなのである。中学生の時にその存在を知って、カセットテープでサードアルバムを買ったのが最初だった。「3号線を左に折れ」のイントロがとても好きだった。その後、高校に入ってコンポを買ってもらってからはレコードで風のアルバムを揃えた。

 高校に入ってフォークギター部に入ってからは風のナンバーを友人と一緒にカバーして文化祭などで歌っていたものだ。これでも、若い頃はそんなこともしていたのだ(苦笑)。

 CDの時代となってCDでも風のナンバーを全て揃えて聞いていた。「海風」の渇いた音も大好きだ。あの頃の歌は歌詞が聞き取れていたし、言葉での感銘があった。おじさん、いや、おじいちゃん世代となった今でも、風の歌を聴けば、心は中学、高校の迷い、彷徨っていた頃に連れ戻してくれる。

 今日はずっと風のナンバーを流しながら、自分なりに大久保氏の冥福を祈りたい。

クレジットカード詐欺に引っかかる!

 前の投稿で、危うくネットショッピングの被害に遭うところだったと書いたが、実はすでに被害に遭っていた。前回の投稿のショップとは別に、すでに販売されていないスピーカーの組み立てセットが半額で売られていたので、ついついクレジットカード情報を入力してしまっていたのだ。それも1枚のカードでうまく通らなかったので、別のカードでも試してしまい、2枚のカード情報が漏れてしまったのだ。いくらカード情報を入力してもショッピングが完了しなかったので、「ま、いいか」と放置しておいたのだが…。

 一昨日クレジットカード会社から携帯に電話が入った。直前にそのカード会社からショートメッセージが入り「カードの使用が制限されました」とあったのだが、「きっと詐欺メッセージだろう」と無視している時だった。電話に出てみると、「xxxxで使用されましたか?」と尋ねられる。いや、そんなところで使った記憶はない。クレジットカード会社はいつもとは全く異なった使用パターンを発見して、カードが不正に使われたと判断したらしい。即刻そのカードは使用停止とし、カード番号も変更となった。違法な使用分については請求されることはないという。これで一安心…。

 だと、思っていたが、「そうだ!もう一枚のカードは?!」と不安が走る。早速そのカード会社に電話をして、不自然なカード使用がなかったかどうかを尋ねると「特に不自然な使用履歴はないですね」との回答。念のため、最新のカード使用履歴を尋ねると、「おいおい、今日カード使ってないよ!」と結果的にやはり不正使用が確認され、そのカードも即刻止めることとなった。

 いやはや、まさか自分がこんな被害に遭うとは思っていなかったのだが、自分が検索して、偽のショッピングサイトでカード情報を入力してしまうとは思ってもみなかった。物欲の代償というか、戒めである。ネットショッピングは信頼のおけるところでなければいけないという教訓となった。

危ういネットショップ

 以前使っていたガジェットがまた欲しくなり、ネットで探していると、あるネットショップで、あり得ないほどの格安で販売されている。いくら生産中止の商品であったも、この価格なら中古でも安すぎると訝しがりながら、思い切って問い合わせメールを送ってみた。商品のページに記載があった商品番号を書いて、これは新品なのかと。

 その直後、なんとなく詐欺かもしれないとそのショップ名で検索をかけたところ、どうも怪しいらしい。そして、その数時間後、もしかしてと迷惑メールフォルダを見れば(笑)、そのショップからの返信がある。驚いたのはその返答だ。その商品を紹介しているページのURLを教えろというのだ。こちらは商品番号を書いているのに、それから検索できないというのはどのようなショップなのだろうか。よしんばまともなショップであったとしても、商品番号からわからないとは信頼できないし、ましてやネットでの検索結果を見れば、とても注文はできない。もちろんそのメールに返信するつもりもなければ、そこでのシッピングはしない。

 ネットショップでの格安商品はやはり罠が多いと、改めて痛感した次第である。

FW-08を作成

 この3週間の週末で、いつものペーパークラフトF1を作った。今回はFW-08、でこのペーパーモデルシリーズの記念すべき第一作である。そのためか、部品数も少なく、設計図も非常にわかりにく(笑)。この後のシリーズでは別部品となっていくシートベルトもシートに印刷されている。いささかペースを上げて作ったせいか、少し雑になってしまったところもあるが、ご容赦いただいて、どんな感じか見ていただければと思う。

f:id:msasaki1963:20210906154251j:image

 

f:id:msasaki1963:20210906154302j:image

 

f:id:msasaki1963:20210906154313j:image

f:id:msasaki1963:20210906154321j:image

 

 

今更ながら知るiPad Proの快適さ

 最近、Windows PCが一つ手元にあってもいいんじゃないかと思っていた。大学ではMS Teamsが授業のプラットフォームであり、ときにはWindows版にしかない機能も欲しくなる。そこでAmazonで格安のノートパソコンを見つけて購入し、しばらくの間使ってみた。なるほど、最近の中華製ノートパソコンは作りがしっかりしているし、価格比で考えれば使い勝手も悪くない。

 しかし、ネットサーフィンや少し長めの文章を閲覧していると、少し引っかかる感覚を覚える。画面の切り替えもどうしてもサクサク感が得られない。そんな後にiPad Proを使うと、それまでのストレスが嘘のように機敏に反応してくれる。なるほど、AppleiPad Proはそこらのノートパソコンよりも速いのだと宣伝していたこともうなづける。確かに快適だ。

 同じ世界に閉じこもっていると、それが当たり前になって、どれほど自分が幸せな状況にあるのかがわからなくなる。だから、時折外に出て、自分の置かれた状況を客観視することが重要になる。PCの世界も同じかもしれない。そんなことを学んだ後に、Amazonの返品システムを使い、「品質に満足できなかった」という理由でそのノートパソコンは返品させてもらった。

ワクチン接種2回目終了

 金曜日にワクチン接種の2回目を終えてきた。今回もほとんど待つこともなくスムーズに終えて、家に帰ってきて、一応帰宅後もおとなしくしていた。同年代の同僚たちから2回目の後もほとんど副反応がない話を聞いていたので、きっとそんなものだろうと思って、眠りについた。ところがどうも夜中にサーキュレーターの風が、冷たく感じ、体に悪寒が走る。この暑い夜に寒いというのも変な話だ。念のためと、明け方に熱を測るとなんと38度台になっている。副反応が出れば、若い証拠だなどとふざけた考えをしていたが、実際に副反応が出ると、いささか動揺する。この日は午後から学会のオンライン会議もある。困ったことだと思いつつも、食欲だけはある。朝は珍しくドーナツを食し、昼のソーメンと、いささかエネルギー源としての糖質を意識した。

 日中は38度5分を記録しながらもオンライン会議に出席する。熱のせいかzoomの設定がうまくいかず、急遽iPadのzoomで凌ぐ。なんとか1時間半の会議を終えて、夕方に熱を測ると39度に上がっていた。この日の夕食は頂き物の牛タン。本当ならお酒を片手に楽しみたいのだが、グッと我慢して、白米片手に食べる。家族は39度があって牛タンをそんなに食べる人はいないと呆れてしまう(笑)。

 日曜日の明け方から少し熱も下がり、微熱状態となって、夕方には熱は平熱になるのだが、今度は少しめまいを感じてくる。たったり、寝たり、体勢を変えると10秒近く目が回る。これも初めての経験だが、副反応なのだろうか。月曜日の朝、目覚めて体を起こしたときにはこのめまいはなかった。なかなかこの副反応というやつは複雑なようだ。

 熱が出て、副反応が出たということはワクチンは効いている。そんなことを体で実感した週末であった。