将来の人の移動

 新型コロナウィルスの影響は私の周囲でも影響が出始めている。まずは、私が国際理事を務める国際学会の大会が今年は中止になった。7月に中国で開催予定だったのだが、現状では開催ができないと現地から報告があり、とはいえ、今から代替え地というわけにもいかず、やむなく中止となった。

 厚生労働省は会議など、できるものはネットで開催を呼びかけるほどになっているが、もしかすると学内でも同じような動きは出てくるのかもしれない。

 さて、国際学会の中止を受けて、海外の研究者たちから、現在のように毎年国際学会を開くべきかという疑問の声が上がり始めた。これは単にウィルスの問題ではなくて、昨今の異常気象現象を引き起こす一因でもある飛行機利用を少しは抑えて、エコロジカルで持続可能な行動をすべきではないかというのだ。会議はオンラインでもできるだろうし、隔年でもいいのではないかと。

 まだまだこういう議論は緒についたばかりだが、考えてみれば、今は、LCCに代表されるように安価で、また高頻度で飛行機が発着している。ジェット燃料を燃やして二酸化炭素を排出するだけではなく、飛行機は着陸時に必要に応じて、空気中に燃料を放出することもあり、空気の汚染の一因になっていのは間違いない。

 確かに一人が飛行機利用を削減しても直接的な効果は薄いかもしれない。しかし、それが数百、数千にも及ぶと変わるのではないか。

 ネットの時代だから、海外に行く必要性がないと、現代の日本の若者は海外に出たがらないとよく聞く。確かに現地にいかなければわからないことがあるので、実際に足を運ぶことは大切だが、もしかすると、「いかなくてもいい」という感覚は肌で、将来の危険を察知した若者第六感なのかもしれない。

悲しいリセット

 先ほどブログを書いてから、コックピット後方の隔壁部を作ろうとしたらどうしても合わない。ボディーとシャシーのサイズが合わないのだ。なぜなんだと頭を巡らした結果、重大なことに気づいた。

 このモデルはPDFを紙に印刷してそれを切り抜いて作るのだが、そのPDFの印刷でiPad

で印刷したものとMacで印刷したものが混在して微妙にサイズが異なっていたのである。これでは確かに合わない。

 そこでもう一度シートを印刷し直し、作り直しとなった。タイヤやディスク周りなど使えるパーツは使うこととして、悲しきリセットの始まりだ。

f:id:msasaki1963:20200216121543j:image

コックピットとフロントサスペンション完成

 

 コックピットをシャシーに固定して上からカウルを取り付けた。キャノピーの上部に取り付けるシーリングの細かい部品が一番神経を使う取り付けだった。バックミラーも、後部のエアインダクトも取り付けた。

 フロントサスペンションもようやく完成した。

 

f:id:msasaki1963:20200216102950j:image

 

f:id:msasaki1963:20200216102959j:image

 

f:id:msasaki1963:20200216103012j:image

 

f:id:msasaki1963:20200216103029j:image

f:id:msasaki1963:20200216103039j:image

f:id:msasaki1963:20200216103050j:image

 

書見台に無線充電器を取り付けてしまったの巻

 LikeBook Alitaが便利なのである。Kindleも見やすいし、Webの表示範囲が広くなって、Japan Timesのニュースも読みやすなった自炊のPDFも読みやすく、リーダー機器として理想的だ。もちろんメモもできるが、それはソニーのDPT-CP1の方が優れている。皮肉なことのもともとDPT-CP1はリーダー機材として購入したのに、メモ書きの性能の方がメインになってしまった。

 さてLikeBook Alitaだがいつでもすぐに使えるように電源オフを自動でする設定をオフにしている。そのため、あっという間にバッテリーも切れるのだが、いちいち充電ケーブルを挿すのは面倒だ。そこでいつものように充電レシーバーを背中に取り付けて、無線充電ができるようにした。

f:id:msasaki1963:20200209142613j:image

 

そこでいつも置いている書見台に無線充電器を取り付けてしまうことにした。以前購入したBelkinのものはそのままでは厚みがあり、取り付けられない。そこでケースから充電器本体を取り出して書見台につけてしまった。

f:id:msasaki1963:20200209141519j:image

f:id:msasaki1963:20200209141446j:image

うまく位置を合わせて両面テープで取り付けた。

 

f:id:msasaki1963:20200209141703j:image

横に置いてあるにはDPT-RP1である。いつもこの上にLikeBook Alitaを乗せて使っている。

f:id:msasaki1963:20200209141738j:image

こんな感じ。そしてこれをそのまま左にスライドすると充電する。

f:id:msasaki1963:20200209141810j:image

インジケーターも光っている。

f:id:msasaki1963:20200209143104j:image

 

なお、機材の分解は保証を受けられなるだけでなく、予期せぬトラブルを引き起こします。自己責任でお考えください。また、良い子のみんなは決して真似しないでくださいね!