大山鳴動して…

 それは土曜日の夜くらいからだった。iPad Proが訳も分からず泣くのだ。夜中に、ポーン、ポーンと。流石に夏の世の怪談でもあるまいに…

 真相はといえば、どうも充電が開始された時のポーンという音が繰り返されていることが判明した。充電が開始されたかと思うと、充電が止まり、また充電が始まり、音がなるの繰り返しだ。

 こういう時にはまずは、再起動。iPad Proを再起動したら、治った。まあ、こんなものだろう。と、思ったのもつかの間、またその症状が始まる。次に行うのはiPad Proの初期化だ。設定を全部綺麗にして、さあ、設定し直して、綺麗になったから、大丈夫。のはずが、やはりダメだ。

 となると、次は電源。Ankerの充電器から充電していたので、純正のものに変える。さあ、これなら…とつけ直すが、今度は充電すらしない。おい、おい、まじか?!さては、ケーブルか、といくつかケーブルを変えて試すが、ダメだ。

 万事休す。こりゃ、Apple Storeに持ち込んでの修理だなと、諦めたのは日曜日の夜。夕食もそこそこに悪戦苦闘するも、もう終わりか…とその時、純正の充電器にもう一度付け直すと、お、充電を始めるではないか。まずは一安心。そうなると、ケーブルと純正の充電器の線は無くなった。

 というわけで、なんと犯人はAnkerの充電器だった。PD drive充電のところだけがやられているようで、他のUSBからの充電には問題がない。仕方ないので、もう一度買い直しかと思って、ポチッとしそうになったが、それがプライムデーの数時間前。まあ、焦らず待てと思い、プライムデーを待ったら、はい、安くなっていたので、買い直し。まあ、タイミングがいいんだか、悪いんだか。

 週末のひと騒動であった。なお、充電器はUSBのところが生きているので、そこだけを使うようにしている。

iPhoneカメラの限界

 今日は仕事が終わって、発作的に車を飛ばして、中部国際空港へと行ってしまった。先日購入したTokyo GrapherのTelephoto Lensでどれほど飛行機撮影ができるものかと思ったのである。

 早速標準の方につけて、撮影をしてみる。

f:id:msasaki1963:20190709172241j:plain

割と綺麗に撮れるではないか。次に望遠の方につけてみる。

f:id:msasaki1963:20190709172331j:plain

これもそこそこ綺麗に撮れている。

望遠で近くにいる飛行機を撮影したら、かなり綺麗な写りと言えるのではないだろうか。

f:id:msasaki1963:20190709172545j:plain

 

ここまで静止している飛行機に対しての撮影であれば、この組み合わせでも十分楽しめる。ただしアップにしてしまうと、やはり細部が潰れてしまうのは、どうしてもセンサーサイズの限界だろう。

 次に離陸していく飛行機を撮影してみたのだが、これがなかなか難しい。移動する飛行機にフォーカスがなかなか当たらない。飛行機の移動にiPhoneのフォーカスがついていかないのだ。さらに不便なのはシャッターだ。Camera +というアプリで撮影しているが、シャッターの位置にうまく指が当たらないこともあって、せっかくのシャッターチャンスを逃してしまうことも多々あった。

 どうにか離陸を撮影できたかと思うと小さいので、トリミングをすると、やはり潰れてしまう。

f:id:msasaki1963:20190709172843j:plain

なんとか大きな機体なら、トリミングせずに済むが、いずれにしろ、フォーカスを合わせることがうまくできなかった。

f:id:msasaki1963:20190709172945j:plain

この辺りが限界だろう。

 ちょっとした普段使いや、スナップならなかなか素晴らしいレンズとのコラボレーションだが、やはり飛行機撮影となると、これはもう一眼レフに頼るしかなさそうだ。
 

 

頭をひねる接続詞

 ある授業ではThe Japan Timesの記事やThe Economistなどの記事を読ませるものがある。教科書の英語がわかりやすく編集されていて、いわば殺菌済みの安全食品だとすると、実際に使われている新聞や雑誌の英語はなまもので、時にはお腹の代わりに頭を痛めてしまう。まあ、それだけ様々な要素が入り込んでいる。時には、新聞記事には、語順の間違いもあったりして、メディアの表現は「ただしい」と思いこんでいると足下をすくわれることもある。
 さて、そのような「なまもの」の英語にはbeforeという接続詞が文中でよく出てくる。もちろんA before Bの意味は「Bの前にA」であり、複雑ではないのだが、このAとBの出来事が入り、なおかつ、Aの記述が長くあった後に、before Bと入ると、「え、その前にBがあるの?」と、出来事の順番に整理がつかない。なかなかやっかいなのである。
 A before BはAが先に起こり、次にBが起きるのである。したがって、学生たちには、「Aが起こり、そしてBが起きたと考えなさい」と教えるようにしたら、自分でもすんなりと意味が入るようになってきた。つまりA before B = A then B という公式を作ればいいわけだ。
 なまものには、なまものの対処法を考えていく方が実践的な教育ができるのかもしれない。

そこまで気を使うか?

 我らがドラゴンズの応援歌が停止になったとの報道を読み、う〜んと考えた。確かに「お前呼ばわりは選手に失礼だ。」という意見はわかる。今はやりのポリティカルコレクトネスなのだろう。上から目線で、選手に失礼だ、との見解だろうか。

 しかし、である。「お前」という言葉がいつだって悪いとは言えないのではないだろうか。相手を指し示す言葉は日本語にはいくつかある。「あなた」、「君」、「あんた」、「お前」、「自分(主に関西地方)」、などなど。そのどれもが、相手との人間関係や場面によって使い分けられている。フォーマルな場合では、日本語では相手の社会的立場、「先生」、「社長」、「部長」、などの役職で呼ぶし、商売なら、「お客様」である。英語ではyouの一言だが、昔なら、くだけた言い方をする場合のthouがあった。他のヨーロッパ言語なら、フランス語のvousとtuのように丁寧な「あなた」とくだけた「あなた」がある。だが、くだけた場面なら「お前」が使われ、心理的な近さを反映することもある。必ずしもそこに侮蔑的な意味があるとは思えない。

 さて、スポーツの応援である。血圧が上がって、興奮している場面での応援だ。どうしたって、言葉は荒くなるのが普通のような気がする。そこで「お前が打たなきゃ、誰が打つ」と歌うのは割と自然な気がするし、やめなければならないほどだろうか。差別的表現、あるいは侮蔑的表現と言えるのだろうか。与田監督は「お前」の代わりに選手の名前を入れたらとのコメントらしいが、では、「大島、打たなきゃ誰が打つ」と呼び捨てでよろしいのだろうか、という議論が次に出てもおかしくない。「大島さんが打たなきゃ誰が打つ」と丁寧度が上がると、迫力も無くなるような。。。

 世の中、言葉については話題が尽きることはないようである。

iPhoneレンズ比較

 今日は雨も上がったので、職場の10Fから名古屋城を撮り比べてみた。こうすると、Telephoto Lensの威力がわかるかもしれない。

 

f:id:msasaki1963:20190701153702j:image

iPhone Xs Mac’s の標準レンズでそのまま撮影。かなり遠くに見えてしまう。

 

f:id:msasaki1963:20190701153820j:image

iPhone Xs Mac’s の標準レンズにTelephoto Lensをつけて撮影。見た目との感覚に近くなる。

f:id:msasaki1963:20190701153810j:image

iPhone Xs Mac’s の望遠レンズでそのまま撮影。せっかくの望遠をあまり実感できない。

f:id:msasaki1963:20190701153953j:image

iPhone Xs Mac’s の望遠レンズにTelephoto Lensをつけて撮影。デジタルズームにしなくても、かなりの迫力になる。この写真をズームすると細かいところが荒いなと思うが、それはもうレンズの問題ではなくて、センサーサイズの大きさからくるもの。これ以上を期待するなら、デジタル一眼レフかミラーレスに行くしかないようだ。

Telephoto Lensでの撮影

 先日購入したTokyo Graphor のTelephoto Lensを使っていくつか撮影してみた。残念ながら、雨の週末なので、屋外は我が家の玄関先、あとは机上のオブジェを撮影した。

f:id:msasaki1963:20190630115151j:image

玄関先の山茶花

 

f:id:msasaki1963:20190630103730j:image

机上のガラスペーパーウェイト

 

f:id:msasaki1963:20190630103604j:image

以前ここでも紹介したペーパーモデル

 

 明日晴れたら職場から名古屋城を撮影してみようと思う。

Tokyo grapher Telephoto Lens購入

 今までカメラはミラーレスも高級デジカメも使ってきたが、どうしてもレンズの付け替えやらその重さに耐えきれず、全てを手放してしまった。だが、やはりちょっとした時には良いカメラが欲しいと思ってしまう。

 実際にはiPhoneのカメラで十分なのだが、唯一不満なのはズームが弱いことだ。センサーサイズの小ささで、細かい画像がボヤけるのは、まあ我慢できるが、やはり望遠に対応してほしい。AmazoniPhone用の望遠レンズを調べたが、どれもパッとしない。そんな中Tokyo grapher という会社のTelephoto Lensが目に留まった。国産でこだわりのデザインの末できたものらしい。ネットでの評判も良いので、思い切ってこれを購入してみた。

 このレンズはiPhone標準レンズに付ければ画角が28mmから50mmになり、一眼レフの画角に近くなる。また、iPhoneの望遠レンズに付ければ、画角は100mmとなって高級コンデジの望遠相当だ。iPhone Xs mac’sなら、上が標準レンズで下が望遠レンズなので、この両方の画角が楽しめる。

 ただし、条件が一つある。標準のカメラアプリでは使うレンズを指定できないので、Camera+やProCamなどのカメラアプリが必要だ。私はProCamを使うことにした。

 

f:id:msasaki1963:20190626175417j:image

これが購入したTokyo grapherのTelephoto Lens。望遠レンズとして使える。

 

f:id:msasaki1963:20190626175413j:image

これがつけたところ。

 

f:id:msasaki1963:20190626181406j:image

 このレンズを使うには専用のアダプターをつける必要がある。今回は純正ケースとアダプター、それにその取り付け費用全部で約1万であった。Tokyo grapherでアダプターだけも売っているし、こうして純正ケースを加工してセット販売もしている。

 

f:id:msasaki1963:20190626181430j:image

ゴム製のレンズキャップが付いてくる。

 

f:id:msasaki1963:20190626181455j:image

レンズ用の小さなピーチも付いてくるので、このままカバンの中にポイっと入れっぱなしにできる。

 さて画質はというと、まだ到着したばかりでとりあえず机の上に模型を置いて撮影してみた。

 

f:id:msasaki1963:20190626180644j:image

iPhone標準レンズのショット

 

f:id:msasaki1963:20190626180736j:image

iPhoneの標準レンズにTelephoto lensを付けたショット

 

f:id:msasaki1963:20190626180806j:image

iPhoneの望遠レンズショット

 

f:id:msasaki1963:20190626180824j:image

iPhoneの望遠レンズにTelephoto lensを付けたショット

 

 これらのショットは大体同じ距離から撮影したものだが、望遠レンズにつけたショットでは距離が合わず飛行機より後ろのライトの土台に焦点が合っているようだ。

 早速レンズはカバンの中に放り込んだ。機会あるごとに使ってここにも写真をあげるが、別途インスタグラムも登録したので、そちらで写真を公開していこうと思う。

 

追記

 

標準に付けて撮影すると自然にいいボケが出てきているようだ。

f:id:msasaki1963:20190627024959j:image