カタチが気になる

最近テレビだけでなく、周囲の言葉遣いの中で気になるのが「カタチ」だ。「この商品をお客様に提供させていただくカタチになっております」とか、「新しくこの商品を開発させていただいたカタチです」とか。過剰な「させていただく」も気になるのだが、それ…

久しぶりにペーパーモデル作成報告

このところ忙しくて、ペーパーモデルに手をつけることができなかったが、この週末、ちょっと気分転換に作ってみた。レーザープリンターを購入して、改めて印刷し、最初から始めたものだが、これでRenault RE30を4回作り直していることになる(笑)。さすがに…

カラフルiPad Pro

前に、読むためのiPadと書くためのiPadがあると書いた。学生からの課題を手書きで添削するのにiPad Airを使って毎日鞄に入れていたのだが、さすがにiPad Air, iPad mini, Kindleを入れて持ち運ぶのは重い。そこでBoox Max3の売却金を当てて、自宅で書くよう…

Kindle Paperwhite をおしゃれにする

Kindle Paperwhiteにカラーモデルが出た。いままでに使っていたもので、そのカラーバリエーションが増えたとのことで、早速買ってしまった。実は以前から、レザーのブックカバーを両面テープで付けて使っていたのだが、その色が鮮やかなライム。黒いデバイス…

巨星、落つ

日本の言語学において、機能的な研究を本格的に広げた先駆者は色々と挙げられるだろうが、そのうちの1人に間違いなくあげられるのは私の恩師であるF.C. Peng先生であろう。Peng先生は社会言語学、幼児言語学、神経言語学、と研究会を立ち上げ、セミナーも開…

生きると命

アメリカではBlack lives matterの運動が激化しているというニュースを目にするようになった。日本のメディアでも取り上げられるのだが、英語の教員としてどうしても気になるのは、このスローガンを日本のメディががどう発音しているかだ。要は、リブズなの…

iPhoneSEへと機種変更

新しいiPhoneSEに興味があるが、我慢と書いたのは先週のことだったろうか。あれから逡巡して、「とりあえず、お試しで」とiPhoneSEを購入した。木曜日に到着し、金曜日にセットアップして、1日使ったところバッテリーの消費具合が予想以上だったので、「やは…

カラーレーザープリンター購入

ついに禁断の機材へと手を出してしまった。ちょっと前にmodelyF1の販売しているペーパーモデルのキットは120m/gの紙にレーザー印刷だという話を書いた。あれから、研究室に導入したカラーレーザープリンターで一枚試しにRenault RE30の型紙を印刷してみたと…

チューバーからチーマーへ

4月から始まったオンライン授業では、 iPadの画面操作を録画してそれをムービーファイルにして、YouTubeにあげるという形にしていた。具体的にはKeynoteのスライドやPDFを表示しながらそこに音声を被せながら説明をしていた。大学では既存のシステムを使った…

マコト教授?

WHOの英文記事を読んでいて、ふと事務局のTedros氏のことが気になって調べてみて驚いた。日本ではテドロス事務局長と記事ではあるのだが、テドロスというのはfirst nameで、私に置き換えれば、「マコト」だ。つまり「真教授」と公的に紹介されているのであっ…

紙の厚さについて改めて知る

ペーパーモデルについてはここでも製作過程を報告しているが、最近はRenault RE30で停滞している。いままではハイパーレーザーという紙の160m/gという紙を使っていたのだが、いつも作るF1ペーパーモデルの会社(modelyF1)で、最近のキットを見ていたら、なん…

とりあえず我慢

新型のiPhoneSEが気になると数日前に書いた。あれから、Apple Storeで注文してはキャンセル、と2回もしてしまった。 2週間後に返品すればいいからと自分に言い聞かせて、お試しのつもりで買おうと注文し、翌日に「やっぱりもったいないか」とキャンセル。そ…

iPhone SEに悩む

iPhone 11 Proを現在は使っている。とても素晴らしいスマホだと思うのだが、ここのところ、この重さと大きさがかなり気になってきた。MacBookもiPadもiPhoneも全てproモデルを使って、Proなのだと勝手な自尊心を満たしたい一方で、重さと大きさに我慢しなけ…

もしかすると…

売却した後で調べることでもないのだろうけれど、BooxやLikeBookでKindleでのテキスト共有がうまくいかないことがどうしても気になって、あれこれ調べてみた。同じような報告のブログも見つけたものの、解決策はない。みんな共有機能は使わないのだろうか。 …

さようなら、Boox

二ヶ月前に購入したBoox Max3をメルカリに出品して、売却した。ほんの少しの短いお付き合いだった。ハードウェアとしてのBoox Max3は素晴らしいものだった。反応もよく、バッテリーもそこそこに持ってくれた。使い心地は悪くはなかった。E-inkの製品としては…

読むためのiPadと書くためのiPad

学生からPDFや写メで送られてきた課題にApple Pencilで赤を入れて、送り返すというルーティーンがようやく確立してきた。正直言えば、これは手間がかかる。学生一人一人の課題を見ては赤で丸をつけたり、訂正したり。これなら対面式の授業で、一斉に正解を告…

Magic Keyboard+iPad Pro=無音のMacBook

昨日、待望のMagic Keyboardが届いた。 使い心地は素晴らしい。打鍵感の小気味良さと、ちょうど良いサイズのトラックパッドの組み合わせは気持ちいい。トラックパッドはMacBook ProやMagic TrackPadに比べれば随分と小さいのだが、手元に来るサイズとしては…

久しぶりのカミーユフォルネ、ポチッ!

今日のメールで、カミーユフォルネのメンバー限定販売ページの案内が来ていた。カミーユフォルネは時計の革ベルトで有名メーカーで、高級腕時計の革ベルトは大体カミーユフォルネのもののようだ。私も時計のベルトは必ずカミーユフォルネのものと決めている…

いくつものiPadに囲まれて

本学でも春学期は全てオンライン授業を行うことが発表された。この新型ウィルスの影響で担当する学生の顔もまだ見られないのはとても寂しいが、知的な活動は立ち止まるわけにはいかない。オンラインという限られた状況の中でもどのように学生たちの知的好奇…

携帯キャリアを変える

3年くらい前に我が家は家族全員のスマホをとある格安simに変えた。それまで毎月数万円だった通信費が1万から2万の間に収まり、快適に使っていたのである。 しかし、4月からついた管理職の立場では電話をすることが格段に多くなったため、わざわざ電話をする…

Happy Birthday to me

今日で57歳になった。気がつけば還暦まで後3年。なるほど、おじいちゃんになっていくわけだ。YouTubeで授業用ビデオをアップして、確認するたびに、「この、おっさん誰だよ?!」と思ってしまう。それだけ、自分が認識する自分と、ビデオという客観的な媒体…

YouTuberになる

本学でも来週からオンラインでの授業が始まる。オンラインと言ってもリアルタイムの中継ではなく、課題を与え、動画はYouTubeを活用する。Zoomを使ったライブ型の授業が脚光を浴びているが、セキュリティーの問題もあるし、学生にギガを使わせてしまう懸念も…

iPhoneケースを変える

愛知県内にも、県独自ではあるが、緊急事態が宣言された。改めて、新型コロナウィルスの怖さを痛感するようになっている。ことあるごとに手を洗うように心がけているが、そのせいか、手は荒れてしまっている。 さて、手を洗っても、意外な感染の盲点はスマホ…

やっとわかったオーバーシュートの意味

今朝、Japan Timesを読んでいたら、記事の中でovershootのことが書いてあった。そもそもその意味とは何かと。辞書を調べると、的を外すこと、狙っていたところを外すことのようで、飛行機のオーバーランの意味でも使われるらしい。また科学分野では何かしら…

年々歳々花相似たり

年々歳々花相似たり、歳々年々人同じからず 高校の漢文の授業で習ったと思う。自然は変わらず、対照的に人は移ろいやすいことをうたったものだ。こんな世相の状況を誰が予想したろうか。毎年同じ時期に同じような仕事の流れだと思っていたし、それが当たり前…

ここまで作り直し完了

先週、紙を元のハイパーレーザー紙に戻してから、また一からRenault RE30を作り始めている。同じような作業を何度も繰り返しているので、最近は職人のような手際の良さになっていると思う(笑)。作るたびに要所というか、手を入れるところ、抜いても大丈夫…

メインマシンをiPad Proにする

iPad Proが新しくなった。性能的には前のもの出ると変わらないが、魅力だったのは、最低の容量が128GBになって、しかも値段が下がったことだ。iPadはminiだけで良いかなと、ProもiPadも売却してしまったのだが、やはり大きめのiPadは欲しい。それは「役に立…

何が起きているのか?

この数日、このブログへのアクセス数が多い。いつもの数倍なのだ。ちょっと調べてみると、どうもLikeBook Aresに関する情報検索でこのブログが引っかかっているようだ。ありがたいのだが、実はすでにAresは手放している。その後、Alitaを入手し使っていたが…

そして、振り出しに戻る

先日、紙を変えて、Renault RE30を作り始めたことをここに書いた。途中の制作レポートもアップした。いささか紙が薄くて、強度的に疑問を感じながらコックピットを作り、ボディーカウルまで作ったのだが、やはり、懸念は当たった。どうしてもカウルの部分で…

一週間の本と1時間の本

今朝、二冊の電子書籍を読み終えた。一つは、E.H. カー著、清水幾太郎訳の岩波新書『歴史とは何か』であり、もう一つは日経新聞の広告にも大きく載っている今売れているあるビジネス書だ。前者は1960年代始めに出たもので、後者は昨年の11月だ。 さて、『歴…