iPod Touchの顛末

2週間前にiPod Touchを購入して、ポケットに入れて使う話を書いた。確かに88gという軽さは新鮮で、胸ポケットに入れて、気軽に使える喜びを感じていたのだが、使うからこそ不満も出てくる。 最初の不満は使う度に暗証番号を入れなければならなかったことだ…

2度目まして?

仕事がら、テレビを見ていてるとアナウンサーや芸能人の言葉遣いがどうしても気になってしまう。最近は「エンターテイン・メント」という不自然な発音がとても気になるし、「ワー・ド」のようにwordを発音するのも気になる。 そんな中、ある芸能人が「2度目…

Alfa Romeo183TBの完成

リア周 足掛け1年3カ月。ようやくAlfaRomeo183TBが完成した。ペーパーモデルなのでどうしても歪みやいびつなところができてしまうが、プラモデルのようにシンナーなどを使うこともなく、また、失敗しても印刷をすればそれだけでも部品調達が出来るのはありが…

今更ながらのiPod Touch

今朝、妻にワイシャツを来週から半袖を用意してもらいたいといったところ、いきなり、iPhoneをもうワイシャツのポケットには入れないでほしいと言われてしまった。確かに何枚か少しくたびれたワイシャツは胸ポケットのところが解れている。妻曰く、大きなiPh…

本日の成果

本日はリアサスペンション付近を作成した。かなり細かい切り出しが必要だったので、辛かった。ちなみにサスペンションは楊枝を銀に塗り、そこに裁縫用の糸を巻きつけたものだ。糸の太さがもう少しあれば、もっとリアリティーがましたかと思う。 大きさがわか…

経過報告

平成も終わり、令和の御代となった。まるで年末年始のように去る時代へのノスタルジーと来るべき時代への期待の中、書類仕事をいくつかこなして頭を使い、作りかけの模型を作っては指を使っている。 正直言うと、模型づくりは仕事よりもストレスがかかる。特…

連休始まる

連休が始まった。我が家には旅行などの計画もなく、自宅でのんびりの連休となる。たまっている仕事もあるので、それを片づけなければならないし、少しばかり家の掃除もと思っていると、おそらく連休が終わってしまうのだろう。 そんな風に考えていたら、なん…

ポメラDM30購入

ポメラの話である。以前から電子ペーパーを画面に採用したポメラDM30に興味があり、販売店に行っては使用したのだが、その反応の遅さと、それに見合わぬ価格で購入を断念していた。 だが、ここにきて、その価格が急激に下がったのである。アマゾンで2万を切…

漢文の学習

この数ヶ月、息子の高校時代の教科書の整理をしていたせいか、漢文をもう一度学び直したいという欲求が出ている。高校時代の子分の授業では漢文はからっきしダメで、本当に苦手だったのだが、ふと、中国語の語順は英語によく似ているじゃないかと気付いてか…

音声読み上げ機能の再現性に驚き

普段MacやiPadでは、タイプしたテキストを確認するために音声で読み上げをさせている。原文を目で追いながら、音で綴りなどを確認するのである。今日も明日の英語の授業用プリントを作成した後で、読み上げをさせたのだが、発音が素晴らしく日本人的なのであ…

Dropboxの台数制限に困惑

先日購入したiPad miniにdropboxを設定しようとしたら、登録デバイスの台数を超えており、登録したいのなら、有料のサービスにしろと表示が出た。以前は有料サービスを使っていたが、大学がOneDriveの利用を可能にしてくれたおかげでdropboxは無料のサービス…

新しいシステム手帳はiPad mini

発作的に発注したiPad miniが手元にやってきた。何年も前からiPad miniがApple Pencil対応になれば良いのにと願っていただけにこの衝動は抑えられなかった。この思いは数年前にシステム手帳にiPad miniを貼り付けるようにして使っていたときからのもので、当…

砂の器と白い巨塔

昨夜テレビで「砂の器」を見た。映画版や佐々木蔵之介バージョンのテレビを見たことがあるが、時代的な背景があるので、これをどうやって現代に翻訳するのか楽しみにしていた。なるほど、世間から冷たい目を浴びせられることを翻訳して、原作の柱をそのまま…

根性が腐っている

今日は午前中は医者に行った。いつもかかりつけのところなのだが、今日はその先生に「根性腐っているね」と言われた。どうして、わかったのだろうか?私の根性が腐っていることを。確かに長い付き合いだから、無理もないことか。だが、改めて言われるとぐう…

本物の舞妓さん

昨夜、京都のあるパーティーで舞妓さんが舞を披露してくれた。京都で舞妓さんというと、観光客が化粧した「なんちゃって舞妓さん」ならよく見かけたが、本物の舞妓さん、しかもその舞を見られるとのことで、ちょっと興奮したのだが、周囲の参加者もそれは同…

待望のiPad mini

今週はAppleの新製品祭りで、ネットが賑わった。来週のAppleのイベントで発表かと予想されたハードウェアが、次々に事前に出されるとは思わなかった。 さて、中でもiPad miniが一番心惹かれた。以前にもiPad miniは使っていたのだが、システム手帳をデジタル…

「こんな夜更けにバナナかよ」を読んで

kindleの電子書籍で、「こんな夜更けにバナナかよ」を読んだ。きっかけは映画のPRだったのだが、その原作はどんなものだろうと、気軽に電子書籍をポチッとして、読み始めたのだが… その内容はちっとも気軽ではなかった。障害者とボランティアの感動の実話な…

そうではないですよ、Jet Stream!

昔から大好きなラジオ番組がJet Streamだ。高校生の頃、深夜に起きて城達也さんのアナウンスを聞きながら、遠い外国旅行をイメージしたものだ。今でも昔の録音を聴きながら仕事をすることが多い。この番組の影響でポール・モーリアも好きになり、コンサート…

朗報

ちょっと前に辞書の串刺し検索をしたいので、電子辞書を購入する話を書いた。辞書の多さを考えると電子辞書のコストパフォーマンスは高い。だが、常時持ち歩くというのも煩わしく、やはりiOSデバイスで串刺し機能が欲しいと思っていたところ、昨夜、衝撃のニ…

功名が辻

またもやAmazon プライムのドラマの話である。2006年に放送された、大河ドラマの「功名が辻」を二週間で制覇した。流石に48回分を見るには時間がかかる。なんというか、今は達成感さえ感じている(笑)。 ドラマの内容は山内一豊とその妻の物語だが、時代劇…

オープンな世界とクローズドな世界

仕事の都合でどうしても、複数の辞書を串刺し検索しなければならなくなった。これまで、辞書はiOSデバイスにインストールした辞書アプリで凌いできた。一応、これでも英語のプロであるから、英語辞書アプリの主だったものは購入してインストールしてあるので…

アイドルとnice

このところ、とある芸能人の病気公表がニュースやワイドショーで取り上げられている。娘とワイドショーを見たときに、女子大生の娘が「この人、何の人?」と聞くので、「元アイドルだよ」と答えたところ、「なんていうグループだったの?」と返してくる。「…

PDFと格闘中

今更、PDFファイルと格闘とはどういうことかと思われるかもしれない。実は、研究室は様々な研究用図書、さらには授業に使う教科書、出版社から送られてくる教科書のサンプルと、書籍や書類であふれている。それを整理しようと数年前から、自炊して膨大なPDF…

自動翻訳機では伝えられないこと

最近、POKETALKという自動翻訳機が人気らしい。ショッピングサイトでも、メディアのショッピングコーナーでも扱われている。要するにネットのAIを使って、音声認識とその変換をしてくれる。スマホのアプリでも同じようなことはできるので、それが統合した形…

iPad Pro 11インチ用Smart Keyboard Folioに手作りレザーカバーをつける

iPad Pro用のSmart Keyboard Folioは便利なのだが、その色がネズミ色でどうにも馴染めない。ビジネスライクで色気がないのだ。そこで、手触りと色を自分好みにするために、東急ハンズでレザーを購入し、それをSmart Keyboard Folioに貼り付けてみることにし…

Twitter再び

昨年の今頃、SNSの断捨離をしようと、使っていなかったTwitterのアカウントを閉鎖した。まあ、つぶやくほど毎日に出来事はおこならないし、毎日ドラマのように起こることは公にはできないことばかりだ(苦笑)。 だが、先ほど、改めて、Twitterを登録した。…

iPhoneを忘れるの巻

一昨日の金曜日の朝。さて、研究室について、スケジュール確認とワイシャツの胸ポケットに手を当てるが、ない!。いつもの手の感触がないのである。そう、いつもポケットに入っているiPhone Xs Mac'sが無いのである。家を出てから他に寄った場所もなく、早速…

Seven Habits of Highly Effective People

数年前に、このタイトルの電子書籍を購入して、1/3ほど読んで、ほったらかしにしていた。久しぶりにもう一度と思って、読み直してみると、改めて、自分を見つめるいい機会となっている。 まず、英語の問題だが、この表題のEffective Peopleとはどういう意味…

GigSkyを試してみる

iPhone Xs Mac's はeSIMを搭載している。国内のキャリアーが対応していないので、国内にいる限りは使うことがないが、海外に行った時に、現地のSIMを購入する必要もなく現地のキャリアーや世界対応のキャリアーと契約できる利点は大きい。どんな感じか、試し…

£4.IOs.od.の謎

前回書いたThe Meaning of Everythingを読んでいたら、Samuel Johnsonの英語辞書の一冊の値段について£4.IOs.od. a copyと書いてある。はて、いったいこれはなんだろうか?最初は例の電子版で読んで見つけた箇所なので、てっきり、例のタイプミスだと思い、…